編み込みのミトン

以前小物を編むことの話を書いてから後、また少しづつミトンや靴下を

編み進めています。今日はミトンを2種類。

 

f:id:dancelanguage:20200121144509j:plain

 

インスタグラムを見てくださっている方にとってはもうだいぶ前の

投稿で仕上がりを見てもらっていますが、

こちらの赤いミトンは嶋田俊之さんの本、

「ニットで奏でるエクローグ」の中からです。Isager の毛糸を使っています。

このミトンの柄は以前から好きなスウェーデンの伝統柄で、

いつかこの柄を使ってショールを編みたいな、と思っていたものだったので

この本にセーターとミトンが載っていて嬉しくなってしまいました。

編み始めてみると表側(手の甲側)の大きな柄が思うようにいかず苦労しました。

好きで編んでいるはずなのに、編み進めながらふと手を止めて少し離して見ては、

理想の編み地と程遠い状態にため息をついてばかり・・。

頑張って続けていれば少しは良くなっていくのだろうかと、

いや、少しでも良くなっていくように考えて手を動かさなければと、

そんなことを思いながら編んでいるのですが。

なんだか自分で気づかないうちに口がとんがってきているような・・。

それでも完成すると嬉しいのですね、またすぐ、やはり他のものも

まだまだ色々編みたいなと次のことを考えています。

 

f:id:dancelanguage:20200121143745j:plain

写真は、光の当たる角度などで編み地の見え方が変わってくるので、

できるだけきれいに見えるように、といつも探りながら写しています。

写真を写すこと自体が大好きで、夢中になってあれやこれやと撮っています。

そして撮った後の編集作業も楽しくて。

編み物や毛糸の写真の場合は、できる限り実物に近い色になるように

頑張りますが、趣味の花の写真などは時にちょっと大胆に編集を加えたり

するのも楽しんでいます。

 

そしてもうひとつ、

f:id:dancelanguage:20200221145532j:plain

こちらはインスタグラムでフォローしている " ミトン屋さん " が

通信販売会社のフェリシモのためにデザインしたものです。

フェリシモからキットを買い、その編み図を見ながら自分が持っている

毛糸を使って編ませてもらいました。

" ておりや " さんの モークウールA という毛糸、ここ最近のお気に入り

の毛糸です。色も好みのものが多く、この糸で他にも色々編んでみたいな、

と思っています。

f:id:dancelanguage:20200221145310j:plain

f:id:dancelanguage:20200221145216j:plain

 

編み込みの小物は苦手だと頭を抱えつつ、それでももう少し上手く

なりたいと思い、今は5本指の手袋に挑戦中。5本指・・やはりとても

私には編みにくくて、編み始めたはいいものの、両方仕上げることが

できるのかと不安に思いながら、休み休み少しづつ進めています。

仕上がった報告ができるように、これからゆっくり頑張ってみます。