小さなハープサルレース


先日試し編みのことを書きましたが、今回はその試し編みから
編んだ小さなハープサルレースです。写真ではわかりにくいのですが
ランチョンマットくらいのサイズです。


ブロッキング中・・コルクマットに水通しをした編み地をピンと張り、
待ち針ですべての縁編みのとんがりをとめています。


水通し前は多少ざらっとした感じのある糸ですが、乾燥後は
ふっくらとして、本当に気持ちのいい編み地になります。


以前、どうしたら目が揃った編み地になるのだろうと聞かれた
ことがあります。もちろん糸の引き加減や、
リズムに乗って編み進められるだけの経験などなど、いろいろな
要素があるのかなとは思いますが、私の場合多少不揃いな感じの
編み地でも、水通しでぬるま湯につけるときにたっぷりのお湯の中で
編み地をリラックスさせ、縦に横にと軽く引っ張って糸をなじませます。
フェルト化しない程度にやさしく。あとはブロッキング
できるだけ均一の張り方になるようにすると、だいぶ目の揃った
いい感じの編み地に仕上がるような気がします。


まだまだ、縁編みの改善点などあるのですが、
仕上がって、喜んでもらえたようなのでほっとしています。
小さなものを編むことで、短時間で色々と気付くことができて
いい勉強になるなと改めて思いました。