ドイツの交差模様

以前購入していた、ドイツの編物の古くからの模様を集めた本を
改めて見ていて、気になる模様をいくつか選び編んでみました。
ドイツ語は全くできないのですが、模様編みの見本写真にすべて
編み図がついているのでそれをたどって編んでいきました。
これは毎段操作で平編みだととてもやりにくかったので
輪編みにして編みました。
細い交差模様が繊細で、時間はかかるけれど気に入りました。
今は編みかけのものがありすぎるので、それらをひとつづつ
完成させたら、こういう模様を使ってショールをデザインしたいと、
またやりたいことが増えました。

交差模様もそうですが、この本に載っている模様は
透かし模様も毎段操作のものが多く少し難しい内容でしたが、
その分手の込んだ美しいものばかりでとても気に入っています。