2017年の棒針レースショールたち

この3枚は去年(2017年)編み上げました。
一番色の濃い小さめにたたまれているものが手紡ぎ糸での
シェトランドレース編み。以前の投稿で紹介しているものです。
使用した針は US000号。これほど細い針はさすがに慣れるまで
進まず、編物に関する根気はあるほうかな
と自分で思っていたのですが気が遠くなりそうでした。が、
後半はどうにかリズムがつかめて完成させることができました。

真ん中の白いものが、これも以前紹介している
ハープサルレース編み。イタリア製のモヘア糸を使って編んで
います。確か針は JP2号だったと思います。
ハープサルレースの本の中で特に気に入った柳の葉の模様を選び、
それに合いそうな気に入った縁編みを選んで編みました。

そして一番下に置かれているベージュ色のレースショールは
広げると円形。このショールは、インスタグラムを始めてから
知った、ニュージーランドのニットデザイナー “ レースイーター ”
さんのデザイン。このかたのデザインするショールは
どこか品があってどれを見ても好きだなと写真に見ほれて、
あれこれその方の投稿写真を見ていたらニュージーランドの方
だとわかり、ニュージーランドに思い入れのある私は
嬉しくなってしまいました。
このショールも白と同じモヘアの糸を使って編みました。
中心から編むので進んでくると目数が多くなってくるのですが、
難しすぎず簡単すぎずの模様が繰り返されてとてもリズムよく
進み、素直に楽しく進めていける作品でした。とても素敵な
デザインです。

今年も、伝統模様を使って自分でデザインするショールと、
そして勉強のためにいろんな方のデザインのものも、
張り切ってたくさん編んでいきたいと思います。