くつ下や手袋を

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
音楽活動をやめて一年経ちました。今年は本当にしっかりと、
編物の勉強を進めていきたいと思います。
インスタグラムでみなさまからいいねを頂いたり
コメントを頂いたりすることが、とても励みになっています。


ところで去年急に冷え込んだときに、とにかく足下が寒くて
(上は手編みのセーターなどを着込むおかげでそうでもないのですが)、
手元にいただき物のウォッシャブル毛糸があったこともあり、
くつ下を編みました(紺色の編み込みのくつ下)。
短かめの丈のものをそのウォッシャブル毛糸で編んだ後、
今度は長いものが欲しくなり、アイルランドの会社の手染めのソックヤーンを
買っていたのでひざ下まであるものを編みました。
その長い丈のくつ下と同じ糸がもうひと綛あったので手袋も。
ネットで買った毛糸、画像から勝手に描いていたイメージよりも、
届いた実物が派手で、正直ビックリしたのです、
果たしてうまく使えるだろうかと・・。
音楽も編物もアイルランドが好きでついつい買ってしまう毛糸。
派手でびっくりしたとはいえ大事に使いたいなと思い、
色の移り変わりがそのまま出るようによけいなことはせずに
ただただメリヤス編みにしました。
編みあがってみると結構気に入って、手袋もこれなら黒のコートに
とても合うだろうなと早速使っています。
ソックヤーンということでスーパーウォッシュメリノにナイロンも
入っていますが、それで丈夫で毛玉もなりにくく、洗濯機で洗える
というのはやはり助かります。
・・が、手紡ぎ糸との暖かさの違いはあるのか気になるところです。