萌黄色のショール

少し前に出来上がったショールは、前回のフェアアイルのショールと
同じ糸で編んだ、棒針編みのレースのショールです。
縁の方のぽこぽこがある模様はエストニアの、そしてメインの模様は
ドイツのものです。
試し編みをしてブロッキング後のゲージをとり、仕上げたいサイズに
なるよう目数、段数を出してグラフに書きました。
裾から編むデザインにしたのでどんどん目数は減る一方で、
最初は難しく感じた両面操作のドイツの柄にも後半は慣れて
前半のゆっくりが嘘のようにすっと進みました。
レース編みとはいえ、シェトランドレースやハープサルレースに使った
ものより糸が太かったので編みやすく、また違うデザインを考えて
編んでみようかと思っています。