ハープサルレースのショール

以前は手紡ぎの糸で編んだものをこちらに載せたことがありますが
今回のものは市販のイタリア製のモヘアの糸を使いました。
ハープサルレースの伝統的な “ 柳の葉 ” の柄で、大判のショールを編みました。
この柄は本の中で紹介されている中でも特に気に入ったものでした。
こういうレース編みのときの、糸の太さや弾力などの特徴とそれに対する
編み針の太さとの関係で、レースらしさや、自分の好みの仕上がりかどうかも
違ってくるので、あれこれ試し、経験を積まなければ・・と思います。