フェアアイルのショール

インスタグラムを始めて最初に載せた写真のがこの、フェアアイル柄の
ショールでした。伝統的な柄に好きな色をのせ、ゆっくりと
半年以上かけて仕上げました。
フェアアイルでカーディガンなどを編むときにするように、
表からだけを見て編み進められるように輪編みにして、つながっている辺を
最後に切り開いて縁編みを仕上げるという方法で編みました。
1段(1周)の目数600目以上・・この目数の多さに慣れるまで、
1段編むのに時間がかかって気が遠くなりそうでしたが、少しづつ慣れ、
今また2作目に取りかかっています。だいぶリズムよく進められるように
なってきました。この作品の時ほどは時間をかけずに仕上げられそうです。
またこちらで近々紹介できるように進めていこうと思います。

使用糸は日本で紡績されたラムウールの双糸。
編みあがってからの水通しの工程後、乾くとふっくらし、
とても気持ちのよい肌触りになりました。