手紡ぎ糸で三角ショール

少し前に化学染料で染めた糸を3本撚りにしたことを書きましたが
その糸で今、バスケット編みで三角ショールを編んでいます。
市販のシルクモヘアの細い糸との2本取りにしています。
手紡ぎ糸の方は少しづつ色が移り変わっていく単糸を3本合わせたことで
より緩やかな色の変化となり、それを編んでみるとさらにやさしく
色が変化していく(写真ではわかりにくいかと思います)編み地になりました。
モヘヤの糸は単色の深い緑なので手紡ぎ糸の色と相性がよく、
足したことでふわりとしたやさしい風合いが増しました。

シェトランドレースと違い、編むと目に見えて
進んでいくので、もう少しまとめて時間をとれば
完成のめどが立ちそうで楽しみです。