シェトランドレース、仕上げの工程へ

先日から少し書いていたシェトランドレースの縁編みができ、
やっと仕上げの工程へ進みました。本や、本に載っている写真をたよりに
進めているだけなので「もっとやりやすい仕方もあるのだろうな」と
思いながら。我流ではあるけれど、そのうち慣れて要領よくできるように
なるだろうと思っています。
この写真ではわかりやすく写っている色の移りかわり、一頭の羊の中に
これだけの色のグラデーションがあります。
首の周りや背中、端っこの方・・と色も毛の質も違います。
毛の質も違う・・ということはもちろん、白っぽい部分と濃いめの茶色、
ベージュのところでそれぞれ触り心地、太さが違うということです。
なので、これだけはっきり色が分かれていると、場所によって糸の太さや
肌触りが違うということになります。
物としての完成度を上げるためなら、本当はもっときちんと色分けをして
紡ぐと、ある程度均一の糸ができて端正な仕上がりになると思います。
そうわかってはいるものの・・このグラデーションが好きで、
いつも「この感じがいいよね」とそのまま紡いでしまいます。