シェトランドレース

だいぶ前、3月にシェトランドレースを編みたいという話を書きました。
間に引っ越しやら編み物教室の再開やらがあり、ぼちぼち・・
としか進んでいませんでした。それでも少しは本に載っている作品通りのものを
進めていたのですが、ゆっくりとしたカーブを描きながら、増目で
どんどん目が増えていくショールで、シェトランドレースの柄自体にもまだ慣れて
いない私はそれを編む時間、集中して編み図をしっかり見ながらでないと
進めきれません。なかなかそれを編むことだけに時間を割くことができないで
いるので、どうも、本当に進んでいない・・編み図に「今ここ」と印は付けて
いますが、一旦置いて時間が経って(数日・・)からその続きを、となると、
それまでなんとなくつかみかけていたはずのリズムを、もう忘れて
わからなくなってしまっている・・。
それで、思い直しました。
まずは今の私には、料理途中のほんの少しの空き時間や待ち時間、
寝る前の少しの時間でも構えずにすっと持って数段編むだけでも
進んでいくような、単純な(でもできればレースらしく好きな)柄、
そしてマフラーのように増減のない形のものがいいだろう、と。
そこでレースのパターンの載っている本の中から2種類の柄を選び
組み合わせて、編み始めました。
そしてどうにかこうにか・・この写真のところまで進めてきました。
進んでみると本体の両端に配した柄が短すぎて弱かったので
次はもっと長くとらなければ、などと反省や工夫をしなければいけない
ところはたくさんです。
けれどそういうデザインや編みや紡ぎの技術とは別に、
写真ではわかりにくいのですが、この、羊のフリースから
色分けをしすぎないで手紡ぎした糸の微妙なグラデーションが美しくて、
羊の毛の自然色の持ち味にほれぼれとしてしまいます。
ふち編みをもう少し頑張ってすませて、最後の仕上げ(水に通して、乾くまで
ボードの上で形を整え待ち針でピンと張っておく)をするのが楽しみでもあり、
恐ろしく(!?)もあります。こちらにのせられるような仕上がりに
なるといいのですが・・。