教室に通うこと

人の集まる教室などへ行き参加するのが苦手な私が、
編物はどういう訳かきちんと習ってみたいと思い、
たまたま電話帳で目についた編物教室へ
問い合わせをして見学におじゃましてからもう10年近く
経ちます。音楽が忙しい時期など長期お休みをすることも多くて、
実際に通ったのは10年分もないのですが、今でも
続けて通っています。
音楽を最優先してやっている私が、休むことも多いのに
長く通い続けているのも、この教室の先生たちだから、
という大きな要素があります。
日本の編み物の歴史の生き字引のような( ! )大先生と、
その娘さん先生。
大先生は90歳を超えていますが、現役で製図も技術も
教えてくれています。
いろんな話を聞く中で、大先生が言った言葉、
「寝る暇があったら編んでましたよ」(若い頃の話の中で)。
話を聞きながら、少し前のその時代を思い描いています。
年齢を重ねた今でも新しいものをどんどん編んでいく、
勉強熱心で好奇心旺盛、一生懸命勉強して来たと
自信を持って言う先生は本当に生き生きとしているのです。