羊にもいろんな種類

羊にもいろいろな種類があります・・
写真の原毛はニュージーランドの牧場で育った
コリデールという種類です。
「毛糸はちくちくして苦手・・」
という方もいらっしゃるようですが、手紡ぎやフェルト製作などをしている人は
「マフラーなど直接肌に触るものは◯◯、
少ししっかりしたものを作りたいときは◯◯、
フェルトにしやすいのは◯◯、
マットなど強くて荒いのは◯◯・・」
と、羊の種類を使い分けたりブレンドしたりしています。
ポルワス、メリノという種類のものだと
本当に細くて柔らかく、ふっくらしていて全くちくちくしません。
一本一本の繊維が細いぶん、細い糸が紡げるので・・
紡いでも紡いでも進んでいないような気がするほど、
時間はかかります。
けれどそのぶん、薄いのに暖かく、本当に軽い編み物が出来上がります。
上の写真のコリデールはポルワスより少ししっかりした、
けれど柔らかさもある編み地になる万能選手。
色味も豊富で、私は棒針編みのレースもコリデールを使うことが多いです。