手紡ぎ糸でのカーディガン

5月に手紡ぎ糸のことを書いてからだいぶ時間が経ちました。

色を混ぜて自分好みの色を作って紡いだ糸でのカーディガンが

やっと仕上がりました。

あとほんの少しというところで一色だけ足りなくなって追加注文した

原毛の色を間違っていて(私の間違いです・・)注文し直したりと

後半 わたわたしましたが、無事編み上げることができました。

 

f:id:dancelanguage:20201027115036j:plain

                       『  Forest Hooded Cardigan 』    designer : Ruke knit

 

 

f:id:dancelanguage:20200704172754j:plain  f:id:dancelanguage:20201027115349j:plain

 

f:id:dancelanguage:20201027121009j:plain

 

フード以外はほとんど長方形を編んでつなげて形作っていくカーディガン。

編み物は伸びがあるのでそれでも無理なく身体に沿って、

とても着心地の良いものが出来上がりました。

私のこの手紡ぎ糸より、デザイナーさんのオリジナルはもう少し太い糸で

編んでいるので、自分のゲージを取って計算し直しました。

外国のデザイナーさんのものは説明の文章と、模様編みがある場合の

模様の部分だけの編み図、ということが多いのですが、

このカーディガンは図でセンチを全部記してくれていたので

そこに自分のゲージでの目数と段数を当てはめていくだけで済むので

とても助かりました。

さてこの秋冬はこのカーディガンが活躍すること間違いなしです。

 

 

 

手紡ぎ糸でアフガン編みのショール

f:id:dancelanguage:20200522181856j:plain

 

多分10年以上前からずっと捨てずにためていた半端に残った手紡ぎ糸。

まだまだ今以上に不揃いの糸たちで、いろんな太さのいろんな色の糸。

いろんな色とはいえ、どれも自然色なので隣にどの色を持ってきても

しっくりくるものばかりです。

アフガン編み、普段はほとんどやらないのですが、色が混ざった感じで

編み地が進んでいくのが好きなのと、多少糸の太さがまちまちでも

なんとかなりそうな気がして編み始めたのは、実はもう3年以上前からでした。

少し編んでは長いこと放置、の繰り返しでほとんど進まずにいたのですが、

数ヶ月前に、これはもうしばらく他のものより優先してでも進めて

仕上げてしまおう、と思い、やっとしっかり向き合う時間をとりました。

 

長方形が編み上がってから、片方の長編から目を拾い外に向かって

10センチほど編み、その境目(拾い目のところ)と他の3辺に房をつけました。

長いショールの全部の辺に房をつける作業は時間がかかって大変でしたが、

なかなか使うことなく置きっぱなしになっていたような糸を

使うことができて、それも本当に生まれ変わったかのように水通し後は

優しい風合いになり息を吹き返してくれて、ここまでいい感じに

仕上がってくれるとは、と、自分で驚くほどです。

だいぶ前の糸で技術的には本当に不安定で、アフガン編みも

けして慣れてはいないのですが、この素材の力に感動です。

途中で投げ出さないで仕上げることができて本当によかった。

 

ちなみに、アフガン編みをきつく編んでしまうと編み地がかたく、

重たくなってしまうと思うのですが、最初に教室で大先生に教わった時に、

「向こうが見えるくらい ぐっと引き上げてゆるいくらいに編みなさい」

と教わり、柔らかい編み地にできるようになりました。

 

 

f:id:dancelanguage:20200522181258j:plain

 

 

 

 

      f:id:dancelanguage:20200521153629j:plain

f:id:dancelanguage:20200523171453j:plain

f:id:dancelanguage:20200523140317j:plain

 

f:id:dancelanguage:20200522181353j:plain

 

手編みのベストを持ってニュージーランドへ行った思い出のはなし。

f:id:dancelanguage:20200526173502p:plain

 

ニュージーランド、クライストチャーチのニューブライトンビーチです。

写したのは15年前、息子が5歳の時。

私が糸紡ぎ、編み物を始めて4〜5年した頃です。息子が生まれた直後に、

家の中でできること、とそれらを始めたので、それくらいです。

写真の息子、手紡ぎ手編みのベストを着ています、

赤色は茜で染めたもの、こげ茶は羊の自然色。

編み物を始めて間もない頃から好きな、Alice Starmore の本の中から模様を

選んで編んでいます。

懐かしくて、もうそんな月日が経つのかと信じられなくて、胸がいっぱいになる

思い出写真です。

インスタグラムでいろんな方の写真を見ていると、この ”stay home” の時期、

どうやら 「旅好き・写真好き」の皆さんは、たまった写真の整理を

している方が多いよう。

これまでの旅を振り返りながら、また出られるようになったら

自分はどんな旅をしたいのかと思い巡らす時間。

いつでも好きな時に自由に出られるのが当たり前ではないんだよと思い知らされた今、

きっといろんなことを思い、次の旅は少し違ったものになるのではないかと

みんなが期待と不安でいるのだろうなと、私もそんなことを思いながら

写真を見返しています。

 

f:id:dancelanguage:20200526180046p:plain

 

息子が小学生になる前に、ぜひともゆっくりニュージーランドを旅したいという

私のわがままで、年長になってすぐの保育園を2ヶ月休んで行きました。

始めの1ヶ月間は私の友達も一緒の3人で、あとの1ヶ月をふたりで。

バックパックを担いで、親子でユースやバックパッカーに泊まる旅。

クライストチャーチの大聖堂広場近くでは、オカリナでバスキング(ストリート演奏)

する私をニコニコして待っていてくれた息子。

宿で一緒になったオーストラリアの子と仲良くなって遊んだり、

誰もいない浜を全力疾走したり。

なんて不思議で切なく素敵な思い出!

そんな旅からいつの間にやら15年も経ち、

息子は私よりよほどしっかりしているのではないかというくらい、

すっかり成長しました。

 

この写真の頃のような編み物はもうできないけれど、それとは違った

今の私の編み物を、この冬にはセーターでも編んで渡すことができるといいな。

そんなことを思っていたら、たまにはこんなこともブログに書いてみたいな、と。

 

フィルム時代の写真、コンパクトカメラで撮ったものですが、この柔らかさが

懐かしくて好きです。

 

f:id:dancelanguage:20200504154312j:plain

プナカイキの海

 

 

 

手紡ぎ糸

以前は今よりよく糸紡ぎをしていました。

何よりも羊の持って生まれた茶色やグレーのグラデーションが好きで、

日本で市販されている毛糸はあまり興味が持てませんでした。

それがここ数年、シェトランドやスコットランドの糸が手に入りやすくなり、

そういう外国の糸の良さなども知ってしまってからというもの、

いつの間にやら紡ぐ時間が減り、そういう糸を使って、

編む時間ばかりになっていました。

 

糸も原毛もそれなりに手元にあるにもかかわらず、

あのデザインを編むためにあの糸を使ってみたいなと、

新しい糸を買おうと思っている自分に、「ちょっと待て」、

という別の自分の声が最近大きくなってきました。

そうなってくるとなんだか購買欲はすっと落ち着いてきました。

今ある糸を工夫していい組み合わせを見つけることや、

紡ぎたい熱の方が高まってきて、なんだか楽しくなってきました。

 

f:id:dancelanguage:20200301110149j:plain

 

そして好みの色を自分で混ぜ合わせてオリジナルの色を紡ごうと、

材料屋さんからもう染められている原毛を何色か取り寄せ、

1〜2グラムづつ試しに何色か作り、気に入ったものができたので

編みたいカーディガン用にすることを目標に紡ぎ始めました。

 

f:id:dancelanguage:20200302160853j:plainf:id:dancelanguage:20200328140450j:plain

 

まだ今、少しづつ紡ぎためているところです。

先にできた糸で試し編みだけしてみました。f:id:dancelanguage:20200421144957j:plain

ゆっくりペースで紡いでいるのでまだしばらく先にはなりそうですが、

とても気に入った色ができたので、この糸でカーディガンを編むのが

とても楽しみです。

ちなみに原毛は京都の " 金の羊 " から取り寄せた英国メリノです。

写真のボビンの単糸を4本撚りにしています。

 

思うようなカーディガンができるだろうか。

ていねいに進めていこうと思います。

 

編み込みのミトン

以前小物を編むことの話を書いてから後、また少しづつミトンや靴下を

編み進めています。今日はミトンを2種類。

 

f:id:dancelanguage:20200121144509j:plain

 

インスタグラムを見てくださっている方にとってはもうだいぶ前の

投稿で仕上がりを見てもらっていますが、

こちらの赤いミトンは嶋田俊之さんの本、

「ニットで奏でるエクローグ」の中からです。Isager の毛糸を使っています。

このミトンの柄は以前から好きなスウェーデンの伝統柄で、

いつかこの柄を使ってショールを編みたいな、と思っていたものだったので

この本にセーターとミトンが載っていて嬉しくなってしまいました。

編み始めてみると表側(手の甲側)の大きな柄が思うようにいかず苦労しました。

好きで編んでいるはずなのに、編み進めながらふと手を止めて少し離して見ては、

理想の編み地と程遠い状態にため息をついてばかり・・。

頑張って続けていれば少しは良くなっていくのだろうかと、

いや、少しでも良くなっていくように考えて手を動かさなければと、

そんなことを思いながら編んでいるのですが。

なんだか自分で気づかないうちに口がとんがってきているような・・。

それでも完成すると嬉しいのですね、またすぐ、やはり他のものも

まだまだ色々編みたいなと次のことを考えています。

 

f:id:dancelanguage:20200121143745j:plain

写真は、光の当たる角度などで編み地の見え方が変わってくるので、

できるだけきれいに見えるように、といつも探りながら写しています。

写真を写すこと自体が大好きで、夢中になってあれやこれやと撮っています。

そして撮った後の編集作業も楽しくて。

編み物や毛糸の写真の場合は、できる限り実物に近い色になるように

頑張りますが、趣味の花の写真などは時にちょっと大胆に編集を加えたり

するのも楽しんでいます。

 

そしてもうひとつ、

f:id:dancelanguage:20200221145532j:plain

こちらはインスタグラムでフォローしている " ミトン屋さん " が

通信販売会社のフェリシモのためにデザインしたものです。

フェリシモからキットを買い、その編み図を見ながら自分が持っている

毛糸を使って編ませてもらいました。

" ておりや " さんの モークウールA という毛糸、ここ最近のお気に入り

の毛糸です。色も好みのものが多く、この糸で他にも色々編んでみたいな、

と思っています。

f:id:dancelanguage:20200221145310j:plain

f:id:dancelanguage:20200221145216j:plain

 

編み込みの小物は苦手だと頭を抱えつつ、それでももう少し上手く

なりたいと思い、今は5本指の手袋に挑戦中。5本指・・やはりとても

私には編みにくくて、編み始めたはいいものの、両方仕上げることが

できるのかと不安に思いながら、休み休み少しづつ進めています。

仕上がった報告ができるように、これからゆっくり頑張ってみます。